ジュニアクラブの教育理念

ジュニアクラブの目指しているもの

子どもを伸ばす大きな要因は、その子にあった良い環境を与えてあげることです。
受験希望の幼稚園・小学校があれば全力でサポートさせていただきます。しかし、それだけが目的ではありません。
ジュニアクラブが目指しているのは”お受験”を通してその子の持っているモノ、今後持たせたいモノを明確にしながら、その子の可能性を最大限に引き伸ばすことです!

運動からはじめるお受験対策

他塾とは全く異なったアプローチで、自ら学び・考え・行動する基礎を身につけてほしいと考えています。

10歳までは、脳が"喜ぶ"体験を!

こどもの脳の発育・発達は10歳までにそのほとんどが完了します。
こういった情報を元に、近年では0歳児からの早期教育や脳トレなどがちょっとしたブームになっています。頭の良い子、勉強や運動ができる子を目指し、必死にハードなことを行う親や先生方の存在を見聞きすることも少なくありません。
しかし、この時期までに行う大切なことは、脳の機能を高めることだけではなく、脳が”喜ぶ”、つまり脳自体が楽しんだり、おもしろがる体験をたくさん積むことです。

”おもしろさ”の追求こそが、人間力のある豊かな心を持った、魅力的な人間になる基礎となるのです。

子どもを伸ばす6つの要素

子どもを伸ばす6つの基本要素

将来につながる『力』をつけます。

幼稚園・小学校の受験だけでなく、その先の学習生活にも対応できるベースをつくっていきます。
大学入試もセンター試験の廃止や東大の推薦入試の実施等が検討されています。皆様のお子様が関わる頃には、今とは全く違うものになっているはずです。
”机の上のべんきょう”だけでは太刀打ちできません。付属校に在籍していても、常に将来を見すえながら身体を効率よく動かすことによって、『行動力』『コミュニケーション能力』『コラボレーション能力』『問題解決能力』を高めることを今から始めてください。

子どもたちと親身に関わり続けます。

ジュニアクラブには、頻繁に通っていたOB・OG達が数多く訪ねてきてくれます。中学生はもちろんのこと、高校生や大学生、それに社会人になっても、父親・母親になっても来てくれます。
お受験に関わることは、一時的なことかもしれませんが、我々ジュニアクラブのスタッフはその子の『一番大切な時期』に関わるという『覚悟』を持っています。そして、関わり続けようとしています。時には子どもを叱ったり、親に苦言を呈したりすることもあるかもしれません。
それは、本当の意味の”おもしろさ”や”楽しさ”をわかってもらいたいからこそだからということを、ご理解いただけることを願っています。

受験ジムとは?

受験ジムって何?

ジムというのは英語で「gym」。これは [gymnasium]=「体育館」、 [gymnastics]=「体育・体操」の短縮形で、私共の「ジム」はこの2つの意味を持ちます。
まずはスペース。幼児が集中し、伸び伸び身体を動かすためには、200u 前後が最適とされています。広すぎても集中しません、狭いものは…かえってストレスをためますよね。
そして、あたま(脳)をフル活用し、しっかり身体を動かし、やさしく、たくましい心を育てていく…、そんな意味を持ったことばです。

今回、音羽教室のリニューアルに伴い、ジュニアクラブは施設だけではなく、授業内容もより充実したものになります。
知育運動『受験ジム』は、従来の受験体操をよりグレードアップし、運動能力はもちろんのこと、運動することによって『脳力』を最大限にアップさせ、学習効果を飛躍的にあげる内容になっております。
また、指示行動(運動)、行動観察の対策としてもたいへん有効です。
それに伴い勉強も、”知育作業”として位置づけ『受験ワーク』とし、こちらもより一層の授業内容の充実をはかります。

  • ジュニアクラブとは
  • コースのご案内
  • 音羽教室
  • 恵比寿教室
  • はじめての方へ
  • 体験について
  • OB&OG、保護者からのメッセージ
  • 個別指導員派遣システム
  • お問い合わせ